Top > 精神ケア > ボディーと気持がお互いに作用している

ボディーと気持がお互いに作用している

おおかたの人は、ボディーと気持がお互いに作用していること知識として認知はしていると思います。しかし、認知しているだけで、その影響を舐めていると思います。

「いや~、そんな表面をどうこうしたくらいで気持ちはたいして変わんないよ!」とタカをくくっているのです。

しかし、とよだ あがり症(豊田早苗)のエクササイズをきちっとやってくれたあなたなら察知できたと思いますが、落ち込んだ動きをしたときには、感傷的に落ち込んだ感情になりましたよね?

胸を張って堂々とした動作をしたときには、心地が助長して自信感がじわっと沸いてきましたよね?単純に、動きによってのみで、気持ちが変わったことを認知できたと思います。だから、気持ちを制御する方法というのは、実は単純で、自分が得たいような感情になるような体の役割りをすればいいだけなのです。

例えば、落ち込んでいるとき、明るく元気さを取り戻したいなら、スキップをすればいいのです。例えば、腹立ちに満ちている時、沈着さを取り戻したいなら、座禅を組むとか、深思するとか、深呼吸するなどをすればいいのです。

精神ケア

関連エントリー
ボディーと気持がお互いに作用している野生の動物が感じる危険のサイン
カテゴリー
更新履歴
外で食べるお弁当は美味しい(2018年2月 6日)
ボディーと気持がお互いに作用している(2018年1月31日)
野生の動物が感じる危険のサイン(2018年1月29日)
皮膚の汚れはバスタブに身体を沈めているだけで取れることが多い(2018年1月26日)
医療脱毛で困ったケース(2017年12月19日)